妙蓮寺駅から徒歩1分

BLOG さかきばら歯科ブログ

さかきばら歯科の特徴

予防・メンテナンスを
大切にしています

ご自分の歯は宝物です。私たちはこれまで様々な治療法を学び、実際に行ってきました。しかし、どんなに精度高く、素晴らしく治療をしても、無傷の天然の歯にはかないません。 また、せっかく一生懸命通っていただいてしっかり治しても、その後のメンテナンスを行わないと気づかないうちに悪くなってしまうところが出てきてしまいます。私たちは予防・メンテナンスのプログラムとむし歯などの早期発見のシステムを準備しております。ご自身のお口の健康を長く保つため、ぜひご家族で私たちのメンテナンスプログラムをご利用ください。

当院の予防処置について

診査・診断について思うこと

今までの歯科治療は、数十年前に制定された保険制度や縮小する医療費に縛られ、「むし歯を削って詰める」「歯石があればとる」「歯がなくなったら両隣の歯を削ってブリッジか、入れ歯を入れる」という治療でした。
これらの治療では、ほとんどのケースで、症状に対して処置が画一的に決まっているので、簡単な検査で治療がされていました。そして、それが「しっかり診査をしています」ということになっていました。
しかし、今はこれでは許されないと考えています。例えば、「歯周病といくつかのむし歯を治す必要がある。
咬み合わせは今のままの咬み合わせで治せば良いのか?」「普通に噛んだら噛み合っても、歯ぎしりした時に大丈夫なのか?」「歯を白くきれいにしたいとき、どのような治療のコンビネーションが最も効果的なのか?」ちょっと例をあげるだけでも、これらの判断を的確に行うには簡単なチェック程度の検査では無理であることが分かります。
例えば、「CTで三次元的に歯や顎関節の状態をチェックする」ことや「お口の模型をただとるだけではなく、その歯列が顎関節に対してどのような角度でどの位置にあるのか」などが必要になってきます。
私たちは、徹底した診査、診断がなくては、本当の意味での良い結果は得られないと考えております。術後に長期に安定できる治療結果を得るために、私たちはこの術前の診査の質、レベルにこだわりたいと思います。