妙蓮寺駅から徒歩1分

BLOG さかきばら歯科ブログ

インプラントに必要な歯科用CTって?



インプラントを行う際には、歯科用CTがとても重要な役割を果たします。

中には歯科用CTを導入していない歯科医院もありますが、歯科用CTはインプラントの治療においてとても重要なものです。

歯科用CTとはどのようなもので、使用することによってどのようなメリットがあるのでしょうか。


歯科用CTと通常のレントゲンとの違い

◎歯科用CTは3D

通常のレントゲンは、歯や口腔の様子を2Dで把握します。

そのため、隠れてしまっている部分や、厚み、奥行きについて把握するのは難しいという特徴があります。

もちろん通常のレントゲンだけでも多くの情報を得られるため、全ての診療で歯科用CTを使う必要はないといってよいでしょう。

しかし、インプラントは骨の中に補綴物を埋入する処置のため、より多くの情報が必要となります。


◎空洞や骨の位置が分かる

歯科用CTは立体的に口腔内を把握できるため、上顎洞の容積、その他口腔内の骨の厚みなど、さまざまなことがよく分かります。

その他、2Dで正面から撮影したレントゲンだと、例えば下の方は厚みがあるが上に行くほど薄くなる歯槽骨、通常より手前にある下顎管、などの判断がつきにくいといえます。

このような細かい部分の立体感を得られるのが歯科用CTです。


歯科用CTを使うメリット

◎埋入位置を正確に把握できる

歯科用CTはそのように立体的な情報を得ることができるため、インプラントの埋入位置を正確に決めることができます。

また角度や埋入の深さなども、歯科用CTを使うことによって決めやすくなります。

またサージカルガイドという、口腔内にはめてインプラントの埋入位置を決める器具を併用して使うと、より安全性が増します。


◎神経などを傷つけるリスクが減る

埋入位置を正確に把握し決められることで、様々なリスクを回避できます。

上顎だと、上顎洞までインプラント体が突き抜けてしまうリスク、下顎だと神経を傷つけるリスクなどを下げることができます。


◎骨造成の時などにも有効

また、骨の厚みを正確に把握できることで、骨造成を行う時にも大切な役割を果たします。

骨造成はどの部分にどれだけ骨充填剤を注入するかということが重要になります。

歯科用CTを使うと事前にどの程度どの場所に充填を行う必要があるかが大変分かりやすくなります。


その他の治療のデータとしても

◎矯正治療

また歯科用CTは、矯正治療の時にも、顎や歯がどのような位置にあるか立体的に把握するために役立ちます。

石膏模型だけでは分からない內部の様子まで分かり、歯の位置を動かす矯正の時だけでなく、顎の成長を利用する子供の矯正にも役立ちます。


◎歯周病治療

骨の厚みを立体的に把握することができるため、歯周病で減ってしまった歯槽骨の状態も立体的に把握することができます。

また場所によって厚みに差があるなどの様子も分かります。


被ばく量はごく少量

◎通常のレントゲンよりも被ばく量は少ない

立体的に精密な情報が得られるため、歯科用CTの方が通常のレントゲンより被曝量が多いと思われがちですが、実際はそうではありません。

歯科用CTは通常の歯科のパントモレントゲンの1/4〜1/6程の被爆量となります。

そのためより安心して撮影することができます。


インプラント治療の安全のために

インプラントは広く一般に行われるようになってきましたが、治癒には数か月かかる大きな外科処置です。

インプラントを埋入する歯科医院を選ぶ時に迷ってしまった時は、様々な条件を参考にして選ぶべきですが、特に歯科用CTがある医院で処置を受けるというのは重要なファクターとなります。

インプラント治療を安全に行うために歯科用CT はとても有用であるといえるでしょう。


横浜さかきばら歯科・矯正歯科
院長
榊原 毅

⇒院長の経歴はこちら