妙蓮寺駅から徒歩1分

BLOG さかきばら歯科ブログ

矯正方法の種類



歯並びを整えるためには、ワイヤー矯正とマウスピース矯正という二つの方法があります。
それぞれメリットとデメリットがあり、患者様のライフスタイルに合わせてご選択いただけます。
ワイヤー矯正、マウスピース矯正について比べてみました。


それぞれの矯正方法の違い

◎ワイヤー矯正

ブラケットという器具を歯の表面に固定し、その上にワイヤーを渡して力をかけることで歯を動かす矯正方法です。
1ヵ月に1度通院し、ワイヤーを締めることで歯を動かします。
表側から矯正する表側矯正がおもですが、裏側にワイヤーをつける裏側矯正という方法もあります。


◎マウスピース矯正

透明なシートを歯の形に成形し、マウスピース状にしたものを歯にかぶせて使用します。
少しずつ形の違うマウスピースを付け替えていくことで、歯を少しずつ動かします。
歯の表面につけるアタッチメントという突起がワイヤー矯正のブラケットに当たる部分です。
この部分に力をかけることで歯がよりスムーズに動きます。
マウスピースは取り外しが可能です。


ワイヤー矯正のメリット

◎適応症例が幅広い

ワイヤー矯正は素の適応症例の広さが魅力です。
マウスピース矯正は基本的に横の歯体移動を主体としているため、回転などの動きと、隙間が大きく空きすぎている部分への移動は苦手です。
このような特徴があっても全てに適応できるのがワイヤー矯正です。


◎確実に歯を動かせる

ワイヤー矯正は固定式の装置なため、確実に歯を動かせます。
外してつけ忘れるなどのことが起こらないため、お子様や自己管理が難しい方にもおすすめできます。


マウスピース矯正のメリット

◎気づかれにくい

マウスピース矯正のメリットは、何といってもその目立ちにくさにあります。
透明で薄いシートでできているため、かなり近くで見ないとそこに矯正装置が入っているとは気づかれないでしょう。
また、アタッチメントも歯と同じ色のプラスチックを使って作られています。
そのため、大変審美的です。


◎痛みにくい

ワイヤー矯正は1ヵ月に一度ワイヤーを締めて歯を動かしますが、マウスピース矯正は、1週間から10日に一度付け替えて歯を動かします。
そのため、一度の移動量(押される力)はワイヤー矯正の4~3分の1となります。
移動量が小分けになっていることで、痛みが出にくいのが特徴です。


◎洗えて清潔

マウスピース矯正の装置は取り外しができるため、装置自体を手元で水洗いできます。
また、消毒効果のある洗浄剤なども販売されているため、とても清潔を保ちやすいです。


◎ブラッシングがしやすい

取り外しができるため、歯自体のブラッシングもしやすいです。
歯表面のアタッチメントもブラケットより滑らかな形をしているので、ブラッシングの時に隙間や磨きにくいポイントが少ないです。


◎食事がしやすい

マウスピースを取り外して食事ができるのも大きなメリットです。
ワイヤー矯正のようにブラケットが頬に当たって食べにくいということはありません。


◎滑舌に影響しにくい

マウスピースに使われている透明なシートはとても薄いため、滑舌への影響も最低限に抑えられます。
最初は慣れない場合もありますが、ワイヤー矯正のブラケットよりはずっと慣れやすいといっていいでしょう。


患者様に合った治療の選択を

メリットとデメリットをあげてみるとマウスピース矯正にメリットが多いように感じますが、ワイヤー矯正も古くからある治療法で、ワイヤー矯正でなくては治療できない症例というのも多く存在しています。
まずは歯科医師に相談してみましょう。
その上で、ご自分の口腔内の状態や希望に合わせて、フレキシブルに治療を選択し、きれいな歯並びを手に入れられると良いのではないでしょうか。


横浜さかきばら歯科・矯正歯科
院長
榊原 毅

⇒院長の経歴はこちら