妙蓮寺駅から徒歩1分

BLOG さかきばら歯科ブログ

目立ちにくい矯正ならマウスピース矯正



マウスピース矯正には、ワイヤー矯正と違って目立ちにくいというメリットがあります。 
そのためマウスピース矯正は「矯正は子どものうちにするもの」という常識を変え、広く大人にも広がりました。
人前に立つお仕事の方など、見た目が気になる方にもおすすめできるのがマウスピース矯正です。


ワイヤー矯正との違い

◎透明なプラスチックのシートでできている

ワイヤー矯正は、歯の上にブラケットをつけワイヤーを渡して治療を行います。
それに対してマウスピース矯正は、プラスチックのシートを装着して動かす矯正方法です。
透明なシートでできているため目立ちにくいのが特徴です。
シートの厚みは0.5ミリ以下で、とても薄く違和感も感じにくいです。


◎マウスピースを付け替えることによって歯を動かす

マウスピースを付け替えることによって力を少しずつかけ、歯を動かすのがマウスピース矯正です。
1ヶ月に1度のワイヤーの調整で歯を動かすワイヤー矯正にくらべ、マウスピース矯正は1週間から10日で1つのマウスピースを交換して歯を動かします。
1度に動く量が少ないため痛みが出にくいのが特徴です。


◎回転などの動き、大きな動きは不向き

マウスピース矯正は歯全体を横に動かすような動きを得意とします。
そのため回転などの動きは不得意で、症例によってはワイヤー矯正が適用になるケースもあります。
また、抜歯によって大きくスペースが開いた場所に歯を動かす治療も、ワイヤー矯正の適応になります。


こんな方にマウスピース矯正はおすすめ

◎矯正をしていると気づかれたくない

マウスピースは透明でとても薄いため、お仕事で人前に出る方にもおすすめできます。
また歯にアタッチメントという突起を取り付ける必要がある方もいらっしゃいますが、アタッチメントも白いレジンでできているため、とてもよく見なければ、そこに矯正装置があるとは気づかれません。


◎清潔を保ちたい

ワイヤー矯正は歯の表面にブラケットを直接接着します。
そのためブラッシングなどの際も、その矯正装置を一緒に磨く必要があります。
装置の細かい部分などはとても歯ブラシがいきわたりにくいため、手入れがしにくいのがデメリットでした。
しかしマウスピース矯正は外してマウスピースだけ清掃でき、歯は装置を外した状態で磨くことができます。
そのため清潔が保ちやすいです。


◎しゃべる時に邪魔にならない矯正がしたい

マウスピース矯正はとても薄いため、しゃべる時に歯や頬の粘膜などが装置に引っかかることがありません。
しかし、とても薄いとはいえ、装置が入っているため最初は慣れない方もまれにいらっしゃいますが、表面もとても滑沢であるため、 違和感は少ないと考えていいでしょう。


◎気になるところだけ、少し治したい

ワイヤー矯正には審美的なデメリットが多いため、少しの歯並びの悪さだと我慢してしまう方も多くいらっしゃいました。
しかしマウスピース矯正はそのようなデメリットが大変少ないため「ちょっと気になるとこを少しだけ直す」というような気軽な矯正にも踏み出すやすくなっています。


◎なるべく痛みを感じずに治したい

マウスピース矯正は1度に動かす量が少ないため、痛みが出にくいのが特徴です。
しかし、歯を動かすことに変わりはないため、全く痛みを感じないというわけではありません。
それでもやはり、ワイヤー矯正と比べると感じにくいというメリットがあります。


矯正に踏み出せなかった方にもおすすめです

マウスピース矯正は、従来のワイヤー矯正の審美面のデメリットをカバーした、とても良い矯正方法です。
沢山の方が今までよりずっと気軽に矯正に踏み出すことができます。
悩んでいる方は1度ぜひ当院にご相談ください。


横浜さかきばら歯科・矯正歯科
院長
榊原 毅

⇒院長の経歴はこちら