- Implant -インプラント

インプラント治療について

インプラント治療

専門医によるインプラント治療

歯を失ってしまった時の修復方法には、インプラント、ブリッジ、入れ歯が考えられます。それぞれにメリット、デメリットはありますが、インプラント治療は長期安定性、そして失った歯に一番近い形で修復できることから、歯の欠損の修復の第一選択として考えられています。骨に植立しており、しっかり噛むことができますが、外科手術となるので治療期間が長くかかり、保険が適応されません。(医療費の控除は申請可能です)

さかきばら歯科の取り組み

インプラント専門医が担当
インプラント専門医が担当

大学の口腔外科、インプラント科出身でインプラントの臨床経験が15年以上の経験豊富な日本口腔インプラント学会認定のインプラント専門医がインプラント治療を担当します。

丁寧な説明
丁寧な説明

患者様の納得が得られなければ治療をスタートしません。お見積りはCT撮影後、治療法が確定したら文書にてご提示し、しっかりとご説明させていただきます。カウンセリングルームも備えております。

しっかりとした環境
しっかりとした環境

インプラント治療は外科手術となるため、滅菌をしっかりと行い、手術室を完備しています。生体管理モニター、AED、酸素を常備し、非常勤麻酔医または、認定麻酔医のチームと連携をとっています。

インプラント専門歯科技工士
インプラント専門歯科技工士

当院では、日本口腔インプラント学会認定インプラント専門技工士に製作を依頼しています。上部構造のクオリティの高さはインプラントの長期の成功に欠かせません。

徹底した診断
徹底した診断

CT撮影や模型での咬み合わせ分析など、術前の診断をしっかりと行っております。様々な資料や歯科用デジタルレントゲンに加え、3DのCT画像による手術部位の分析を徹底的に行っています。

メンテナンスを重視
メンテナンスを重視

インプラント治療は手術をして上部構造を入れて終わりではありません。長期的に維持するには、メンテナンスが欠かせません。当院では、トレーニングを受けた衛生士によるメンテナンスを行っております。

治療の流れ

01 カウンセリング

患者様のお口の中の悩みなどをお伺いします。現在の状態のご説明と、考えられる治療のオプションをお話し、どのような状態が一番良いかご相談させていただきます。

02 検査・診断

歯科用デジタルレントゲンに加え、3DのCT画像による手術部位の分析、全身の状態のチェックなど、資料をそろえ、術前の分析を行います。

03 カウンセリング

検査でそろえたデータをもとに、精度の高い診断を行います。治療・計画・費用のプランを患者様にご提案し、ご相談の上で治療の方法を決定します。気になる点、ご不安なことなど何でもご相談ください。

04 一次手術

歯肉を切開し、顎の骨にチタン製のインプラント体を埋入して歯肉を閉じます。局部麻酔を行いますので、治療中の痛みはほとんどありません。インプラントが少数本の場合は、翌日から通常の生活を送ることが出来ます。多少の違和感はありますが、気になるほどではなく、食事も特に変わりません。

05 安静期間

当院で採用しているストローマン社のインプラント体は骨との結合性に優れているため、手術後、早くて4週でチタン製のインプラント体が顎の骨と結合します。
この期間は骨の量、質によっても異なります。

06 二次手術(2回法の場合)

インプラント体が完全に顎骨と結合したら、切開し、インプラント体の上部を粘膜上に出します。この状態で歯肉が治癒するまで待ち、仮歯の作製に入ります。

07 仮歯の作製

まずは、仮歯で様子を見て咬み合わせや形態などを確認します。
問題がないようなら、最終修復物を作製します。

08 人工歯の装着

精密な型を採り、人工歯を作製します。
完成した人工歯をインプラント体に装着し、完成です。

当院で行うインプラント手術

インプラント埋入手術

最初の手術が終了した時点で、インプラント体の頭の部分が粘膜の上に出ている状態にする手術法です。顎の骨の状態がインプラントを埋め込むのに十分な高さと厚みがあり、骨移植の必要もなく、インプラント上部を露出させたままでもしっかりと骨と結合する場合に行います。

インプラント埋入フラップレス手術

粘膜を切らずに行うインプラント手術法です。痛みが少なく短時間で済みますので、体への負担が少なく手術を行うことができます。コンピュータ上でCTの3D分析のシミュレーションを行い、専用のガイドを作成し、インプラント手術のシミュレーションを行います。

2次手術

最初の手術でインプラントを埋入する際に粘膜の下に完全に埋め込み、治癒期間を設け、2回目の手術でインプラントの頭の部分を粘膜上に出す手術法です。骨移植などの治療が必要な方や、最初の手術時にインプラント体と骨との結合が十分でない場合などに行います。

骨増生処置・粘膜移植なども行っております

  • GBR(骨増生手術)

    顎の骨の厚みや量が足りない場合、インプラントが固定できない場合があります。そのような場合に、他の部位から骨を採取して移植したり、人工の骨などを使用して骨をつくることができます。GBRは、インプラント体埋入手術と同時に行う場合と、GBR単独で行う場合があります。

  • 上顎洞増生術(サイナスリフト・ソケットリフト)

    上顎奥歯の部位で上顎洞の存在により骨の高さが足りない場合に行う、特殊な骨の移植手術です。骨の厚みや高さが足りず諦めていた方でも治療を行うことができます。

  • 粘膜移植手術

    歯を失った場合に、骨だけでなく歯肉などの軟組織も一緒に失われることが多く、そのような場合に、粘膜を移植してボリュームを増やす手術です。

治療費

「医療費控除」対象となります。詳しくは税務署へお問い合わせ下さい。

CT撮影・模型デジタルデータ 片顎 23,760円
上下顎 32,400円
インプラント埋入手術(1本) 223,000円
2次手術(1/2顎ごとに) 21,600円
インプラント仮歯 21,600円
上部構造(アバットメント等込) 194,400円
静脈内鎮静法麻酔(麻酔認定医出張による) 49,000円
サージカルステント・3Dガイド 43,200円(1歯追加ごとに4,320円)
GBR・ソケットリフト 43,200円
GBR(単独) 108,000円
メンブレン 21,600円
チタンメッシュ・メンブレン 33,000円
人工骨(2歯ごとに) 12,960円
表示は全て税込み表示です。
処置や本数によって費用は異なりますので一度ご相談ください。

お支払い方法

保険外診療(10,000円以上)でのお支払いにつきまして、各種クレジットカードのご利用が可能です。

  • JCB
  • AMEX
  • DINERS
  • VISA
  • MASTER

JCB / AMERICAN EXPRESS / Diners / VISA / MasterCard