妙蓮寺駅から徒歩1分

BLOG さかきばら歯科ブログ

インプラントが取れた時はどうすればいい?


インプラントを埋入し、使っていたけど外れてしまったという方はいらっしゃいませんか?
インプラントはまるで天然の歯のように使えるため、外れるととてもびっくりしてしまうのではないでしょうか。
インプラントが外れてしまった時どうすればよいかについて解説します。


取れる場所によってどうすればいいかが変わります

インプラントが外れてしまったというケースでも、その場所によって対処方法などが変わります。
中には慌てなくて良いケースもあります。


◎人工歯

人工歯はアバットメントという連結装置でインプラント体と連結されています。
上の人工歯だけとれてしまった場合は、歯科医院で戻せる可能性が高くなります。
また、欠けてしまって再度人工歯だけ作り直さなければならない場合でも、再度の外科処置は必要ありません。
注意する点として、ご自分で戻して再度使わないという点があげられます。
自分で戻して使用し、無理な力がインプラント体にかかってしまうと、インプラント体の再手術というより深刻な事態を引き起こしてしまう可能性があります。


◎アバットメント

アバットメントが外れた場合も、対処はしやすいでしょう。
アバットメントの再度の装着や締め直し、何らかの破損があっても交換が可能です。


◎インプラント体

インプラント体が外れてしまった時が一番深刻な問題となります。
一般的に「インプラントの寿命=インプラント体が脱落した時」といわれているほど、インプラントにとっては重要な部分になります。
どの部位の外れや破損でもそうですが、この部分に何かあった場合はより早く歯科医院にかかった方が良いでしょう。
顎骨に何らかの異常があるケースもあります。


インプラント体が外れてしまう原因

外れたり、破損が怒ったりして一番問題となるのはインプラント体です。
では、そのインプラント体に異常が起こる原因にはどのようなものがあるのでしょうか。


◎インプラント周囲炎などの炎症

インプラントは天然の歯と違い、歯槽骨と直接結合しています。
天然の歯は歯槽骨と歯根の間に歯根膜というクッションのような役割をする部分が存在します。
しかし、インプラントにはそれがないため、炎症が一気に広がります。
このような炎症をインプラント周囲炎と呼んでいます。
インプラント周囲炎が起こると、インプラント体の脱落につながってしまう場合があります。


◎骨に結合していなかった場合

治療の直後に見られる可能性があるのが、インプラント体が歯槽骨に定着しなかったケースです。
これは骨粗鬆症の患者様など、骨の密度がない方に起こりやすいといわれています。
また、インプラント埋入の処置時に細菌が入ってしまっていたりすると骨に結合せず、脱落の原因となってしまうことがあります。


◎かみ合わせの力のかかりすぎ

歯ぎしり、食いしばり、極端なかみ合わせの悪さなどで強い力がインプラントにかかりがちな場合も、脱落の原因になります。
歯ぎしり、食いしばり、極端なかみ合わせの悪さがある方は、歯科医師に事前に相談しておきましょう。


◎寿命

インプラントの寿命は10年といわれています。
もちろん大切に使えばそれより長持ちすることもありますが、10年を超えた時には寿命を疑ってみてもいいでしょう。


インプラント体の脱落に注意、大切に使って長持ちさせるようにしましょう

インプラントが取れたといってもいくつかのパターンがあり、インプラント体が脱落してしまった時が一番深刻です。
再埋入処置になると、再度の外科処置が必要となり、金銭的、肉体的負担になりがちです。
大切に、なるべく長くインプラントを使えるようにしましょう。
インプラントが取れた時は、どの部位であっても保管し、歯科医院にお持ちください。


横浜さかきばら歯科・矯正歯科
院長
榊原 毅

⇒院長の経歴はこちら