妙蓮寺駅から徒歩1分

BLOG さかきばら歯科ブログ

骨が足りなくてインプラントができない?骨造成ってなに?


インプラントの相談に行ったけど「これはインプラントはできないですね」と言われてしまうケースがあります。
全身疾患などの場合を除いて、その原因はほとんど骨にあります。
では、どのような骨の状態だとインプラントができないのでしょうか。


インプラントができないと言われてしまう骨の状態とは?

◎骨の高さや厚みがない

インプラントは、インプラント体を埋入した時に、横に1.5mm以上、縦に1mm以上の余裕があり、深さとしては6mm以上の骨があることが理想とされています。
この数値に満たない場合は、骨造成や骨移植が必要になります。


◎密度が足りない

骨粗鬆症の方は、骨の高さや厚みがあってもインプラント埋入を行なえないことがあります。
骨密度が足りないとインプラントがその場所に定着しにくく、脱落してしまうリスクが増すためです。
骨密度が足りない方は基本的に骨造成や骨移植を行ってもインプラント埋入を行えません。


骨が足りない原因とは

では、骨の厚み、高さが減ってしまう原因には何があるのでしょうか。


◎歯周病

歯周病になると歯槽骨が吸収を始めます。重度になるほど歯槽骨は減り、自分の歯自体も支えられなくなります。
このような状態で歯を喪失した後でインプラントを入れようとしても、骨が足りずに埋入を行えないと言われてしまうケースがあります。


◎喪失歯の放置

歯槽骨はかむ力などが適切にかかることで増生します。
そのため、歯を失って長いことそのままにしていると、歯槽骨に刺激が加わらなくなり、歯槽骨が減ってしまいます。


◎不適切な圧力の放置

反対に、合わない義歯や歯ぎしりなどの不適切な強い圧力が加わっても、歯槽骨は減ってしまいます。


足りない骨を補う方法

足りない骨を補う方法として、骨造成、骨移植があります。
骨移植とは足りない部分に移植によって骨を補うこと、骨造成とは骨移植を含む、骨を増やす手術の総称です。


◎ソケットリフト

インプラントを上顎に埋入する時気をつけるのは、上顎洞までの骨の厚みです。
上顎洞とは鼻の横あたりにある空洞です。上顎洞までの骨の厚みがないと、インプラントの先端が上顎洞へ突き抜けてしまうリスクがあります。
ソケットリフトはこの骨の量が足りなくて治療ができない場合に行う方法です。
インプラント埋入時にドリルで開ける穴から直接骨充填剤などを注入し、骨の量を補います。
インプラント埋入と同時に行えるため、どちらかといえば負担の少ない治療です。


◎サイナスリフト

サイナスリフトはこの骨の量が著しく不足している場合に用いる方法です。
ソケットリフトで困難な場合に行い、上顎歯肉の側面側から穴を開けて隙間をつくり、骨充填剤などを入れ、骨の量を補う方法です。
骨充填剤などを入れた後に、その骨がきちんと定着、治癒してからインプラントを埋入します。
そのため手術が2度に渡るため、比較的負担が大きい治療法です。


◎GTR法

抜歯などによって吸収され消失してしまった歯槽骨を再生させたり、骨の高さや幅がない場合に骨造成で骨量を増やす方法です。
骨を再生させるためには、骨がその場所にでき上がって定着するのを待たなくてはなりませんが、骨より歯肉のほうが治りが早いという特徴があります。
そのため、歯肉付近の骨を造成したい時は、必要なスペースに歯肉が入り込んでしまい、骨造成がうまく行われないことがあります。
GTR法では、歯肉が骨造成のスペースに入り込んでこないように膜のようなもので歯肉を遮り、骨の造成を促します。


骨が足りなくてインプラントが入れられない方は当院にご相談ください

骨が足りなくてインプラントができないと言われた方でも、骨造成を行うことによりインプラントを埋入できる可能性があります。
当院ではインプラント埋入とともに上記の治療のご選択も可能です。
インプラントを入れられないと言われた方はぜひ一度当院にご相談ください。



横浜さかきばら歯科・矯正歯科
院長
榊原 毅

⇒院長の経歴はこちら